【プレスリリース】サステナビリティ情報開示のための最先端の科学ソリューション「Climate Vision」のベータ版をリリース

気候変動で激甚化する洪水などの物理リスクを分析するWebアプリケーション

株式会社Gaia Vision(本社:東京都渋谷区、代表取締役:北祐樹)は、気候変動対応とサステナビリティ情報開示において求められている洪水リスクを簡単に分析できるWebアプリケーション「Climate Vision(クライメート・ビジョン)」のベータ版の提供を2022年8月1日より開始することをお知らせいたします。

PR Times – URL

■ Climate Visionの特徴
Climate Vision(ベータ版)は、過去の気候データに基づいて計算された世界中の洪水リスク情報を提供します。この情報は、東京大学等の研究成果や知財を利用してGaia Visionが作成した高精度なデータに基づいて開発され、日本国内では30m・その他の国では90mという高い解像度を誇ります。わかりやすいGIS(地理情報システム)を元にしたWebアプリケーションで簡単に操作・分析ができ、想定ユーザーである企業や金融機関のサステナビリティの担当者は、TCFDやCDPなどのサステナビリティ情報開示対応にご利用可能です。

■ 開発の背景
気候変動の影響により世界中で洪水などの自然災害が増加しており、今後も災害リスク増加の可能性が世界各地で懸念されています。企業の気候変動に対するリスクマネジメントと気候リスクに関する情報開示が金融機関等から強く求められていることから、Gaia Visionでは気候物理リスクの中でも損害額の大きい洪水リスクを簡単に分析できるツールの開発を続けてきました。企業や金融機関の担当者の方々が1日でも早くご利用いただけるよう、ベータ版での公開をこの度決定いたしました。引き続き、機能拡充のための開発を続けてまいります。

■ Climate Visionの使い方
1. 分析する地点を登録
住所から緯度経度を指定して、分析したい地点を簡単に登録します。CSVファイルをアップロードして複数地点を一度に登録することも可能です。
2. 分析を実行
分析はボタン1つで簡単に実行できます。ご利用価格は分析する地点の数に応じて決定されます。
3. 結果を地図上に表示・ダウンロード
分析によって、その地点の洪水リスクの値が地図と表で表示することができます。その地点の周辺の洪水リスクデータもご提供しています。

■ 今後の展開
現在のベータ版には一部の機能・データのみ実装されており、秋頃に本番リリースを予定しています。また、洪水だけでなく高潮や熱波、水資源など他の気候関連リスクについての研究開発を続け、企業・金融機関・地方自治体の気候リスクマネジメントとサステナビリティ向上に貢献できるよう努めてまいります。

​[お問い合わせ先]
HPのコンタクトフォームからお問い合わせください。
https://www.gaia-vision.co.jp/#link_contact

NEDO Supply Chain Data Challengeの1次審査通過のお知らせ

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の初の懸賞事業「NEDO Supply Chain Data Challenge」の1次選考に、弊社Gaia Vision、株式会社Resilire株式会社エル・ティー・エスの3社コンソーシアムが通過しました(システム開発部門テーマ2「大規模風水害などの災害に起因するサプライチェーンへのインパクト推定と可視化サービスの提供」)。2022年12月に2次審査が実施され、受賞者が決定されます。

このアイデアコンテストを契機に、弊社独自の洪水シミュレーション技術だけでなく、エル・ティー・エスの衛星データ処理技術や、Resilireのサプライチェーン可視化技術を統合することで、洪水リスクを中心としたサプライチェーンマネジメントのソリューション開発を加速していきます。

【懸賞金額】
■システム開発部門:
1位 1,000万円、2位 500万円、3位 300万円

NEDOからの報道内容: https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100351.html

朝日新聞に弊社代表・北のコメントが掲載されました

2月28日にIPCC第2作業部会の第6次評価報告書が発表されました。気候変動の適応に関連するベンチャー企業として、朝日新聞に弊社代表・北のコメントが掲載されました(有料デジタル版のみ)。
温暖化の影響「すでに広範な損失と被害」 IPCC報告書:朝日新聞デジタル
https://digital.asahi.com/articles/ASQ2X6VD2Q2XULBJ00S.html