NEDO Supply Chain Data Challengeの1次審査通過のお知らせ

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の初の懸賞事業「NEDO Supply Chain Data Challenge」の1次選考に、弊社Gaia Vision、株式会社Resilire株式会社エル・ティー・エスの3社コンソーシアムが通過しました(システム開発部門テーマ2「大規模風水害などの災害に起因するサプライチェーンへのインパクト推定と可視化サービスの提供」)。2022年12月に2次審査が実施され、受賞者が決定されます。

このアイデアコンテストを契機に、弊社独自の洪水シミュレーション技術だけでなく、エル・ティー・エスの衛星データ処理技術や、Resilireのサプライチェーン可視化技術を統合することで、洪水リスクを中心としたサプライチェーンマネジメントのソリューション開発を加速していきます。

【懸賞金額】
■システム開発部門:
1位 1,000万円、2位 500万円、3位 300万円

NEDOからの報道内容: https://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100351.html

朝日新聞に弊社代表・北のコメントが掲載されました

2月28日にIPCC第2作業部会の第6次評価報告書が発表されました。気候変動の適応に関連するベンチャー企業として、朝日新聞に弊社代表・北のコメントが掲載されました(有料デジタル版のみ)。
温暖化の影響「すでに広範な損失と被害」 IPCC報告書:朝日新聞デジタル
https://digital.asahi.com/articles/ASQ2X6VD2Q2XULBJ00S.html